<< 髪切り / ホテル雅叙園東京 渡風亭 >>

備忘録 アウディ A6 2.8FSI Quattro バッテリー交換

備忘録

AUDI A6 2.8FSIquattro 

ABA-4FBDXS

 

最近のAUDI、といいうか欧州車のバッテリーは突然死する事があるらしいので・・・・

バッテリー交換
純正バッテリー型番は。。。。。
4D0 915 105 C (110Ah 520A)
4F0 915 105 D (110Ah 520A)
8K0 915 105 F (110Ah 520A)
あたりですが・・・
Dealerで交換すると一式で約8万円也
たかだかバッテリーで約8万円(-_-)
ならば自分で交換しようって事と、互換品をChoiceすることに
BOSCHの
BLA-105-L6 (105Ah 950A AGM)
S-1B
SLX-1B(12v110Ah CCA:850)
あたりとも思ったけど、これらもバッテリー単体で約4万円近く・・・
という事で、今回Choiceしたのは、ATLASBXというバッテリー
EUのVARTA製が良いかと思っていたけど、適合品が在庫切れ
なので、韓国製のバッテリーながら、安心して使えそうなATLASBXに
MF 60038
値段はなんと約12,000円ほど
(純正に比べたらタダみたいの値段(^^♪)
シールド型メンテナンスフリーバッテリーで、製品保証/24ヶ月または4万km
問題ないでしょう
しかしこのバッテリーが重い。。。
元の純正は約30kg
このMF 60038で約24kg
漬物石か('_')
では早速交換に
このAUDIはバッテリーがトランク
フロントのエンジンルームにはジャンプ用というかバックアップ電源用のターミナルがあるので、まずはそこに予備電源を繋ぎ、バックアップ
トランクを開けて、スペアタイヤを取り出し、その横に設置のバッテリーにアクセス
超重い古いバッテリーとNewを交換設置
写真用にカバーは付けず
このバッテリーは純正より、少しサイズが短いものの、取付け場所にはそのサイズでもロックするネジ穴があり、問題なく設置
エンジンも心地よいイグニッションの音と共にスルっと一発始動(当たり前だけど・・)
(古いバッテリーはリサイクルをする事もあり、オートバックスさんで無料にて引取してくれます)
しかし重かった・・・・(-_-)
あっ OBDにパソコン繋いで、VCDSのバッテリーアダプテーションしなきゃ・・・!!
後でね
| 備忘録 | comments(0) | - | Top ▲

comment

name
mail
url
comments
Cookieに登録